害虫対策サービス

食品、医薬品、印刷等の産業界では、『虫』の混入をはじめ、商品の品質を損なう様々な害虫によるリスクが存在します。これらのリスクに対処するためには、多角的、総合的な調査分析を行い、もっとも有効で、適切な技術を選択することが求められます。弊社は、IPM(Integrated Pest Management)の技法を駆使し、科学的調査に基づき、検討を重ね、最適なツールや薬剤の選択で防除を行い、改善の提案を行うなど、衛生的で安全な環境をご提供します。

害虫防除施工の手順

昆虫相の調査

粘着トラップ、フェロモントラップ、ライトトラップ(ムシポン)などの調査用トラップを一定期間設置します。

arrow_green

調査結果の分析

調査用トラップに捕獲された昆虫の種類を正しく同定し、内部発生なのか、外部侵入なのか等、発生場所を明確にします。

arrow_green

防虫対策立案

調査結果をもとに、各々の現場におうじてどこに問題があるのかを明確にし、昆虫の発生、侵入、製品への混入の防止のための最適総合防虫対策を立案します。

arrow_green

防虫対策検討会

防虫対策案をもとに、関係者と防虫対策実施に向け検討会を行います。

arrow_green

防虫対策実施

現時点での衛生管理状況、実態の報告。現場担当者とのミーティングを実施します。

arrow_green

保守管理

定期的に昆虫生息状況をチェックし、常に侵入や発生を防止するための保守管理をおこないます。

対策事例

防虫フィルム施工防虫フィルム施工
防虫カーテン施工防虫カーテン施工
gaicyu_3ライトトラップの設置
gaicyu_2低誘虫灯施工