ネズミ対策管理

ネズミ対策

すでにネズミが住み着いている所では、殺そ・捕そ施工を実施し、完全に殺そ・捕そを行ってから防そ施工に移行します。
ネズミのいない状態を維持させるために保全施工を行っていきます。

ネズミ防除施工の手順

事前調査

ネズミ防除施工を行うにあたり、あらかじめ十分な状況調査を行います。この工程は次の殺そ施工を短時間に終了させ、かつ防そ施工をより完全なものにする上で必要なものです。

調査項目
  • ネズミの出没場所
  • ネズミの侵入口、侵入箇所
  • ネズミの巣、生息箇所
  • 被害物と被害程度
  • ネズミの食料源とその状況
  • 建物周辺とその状況
arrow_green

調査結果の分析

ネズミの種類を正しく同定し、内部に住み着いているのか外部侵入なのかを明確にします。

arrow_green

ネズミ対策立案

調査結果をもとに、現場に応じてどこに問題があるのかを明確にし、ネズミによる被害、糞・毛の製品への混入の防止のための最適総合防そ対策を立案します。

調査項目
  • 侵入経路の遮断
  • 粘着捕そシート・捕そ器の設置
  • 殺そ剤の配置
  • 死その回収
  • 環境点検整備
arrow_green

ネズミ対策検討会

防そ対策案をもとに、関係者と防そ対策実施にむけ検討会を行います。

arrow_green

ネズミ対策実施

  1. 侵入防止対策
  2. 駆除対策
  3. 環境点検整備
arrow_green

保守管理

定期的にネズミ生息状況をチェックし、綱に侵入や発生を防止するための保守管理を行います。

管理項目
  • 状況調査(糞・足跡の有無)
  • 捕そ資材等の点検(粘着捕そシート・捕そ器の点検)
  • 殺そ剤の点検
  • 環境点検整備
  • 目視・聴き取り調査
ラットサインラットサイン
ネズミの足跡ネズミの足跡
防そ施工防そ施工
粘着捕そシートによる捕獲粘着捕そシートによる捕獲