衛生管理・
害虫等防除サービス

鳥獣被害対策

弊社では、カラス・ハト・ツバメなどの防⿃対策、
イタチ・アナグマ・アライグマなどの防除対策を⾏っています。
狩猟免許を取得している作業員が捕獲の申請から対策まで対応致します。

防⿃対策

  • 対象

    カラス、ハト、スズメ、ツバメなどを対象としています。

被害事例

ビル・マンションのベランダや工場、倉庫などに飛来、営巣し、
糞による金属や塗装、コンクリートの腐食や劣化、鳴き声や羽音による騒音が問題となっています。
糞や羽毛、巣などが様々な病原菌やトリサシダニなどを媒介し、痒みやアレルギーの原因になることもあります。

  • ハトの糞害
  • ハトの糞害
  • ハトの糞害

施工事例

高所作業車を用いた巣の撤去、防鳥ネットやスパイク、ワイヤーの設置といった侵入・着地防止対策、被害箇所の糞の清掃・消毒などを行っています。
施工場所や被害状況などに応じた対策をご提案致します。

  • 防鳥ネット
    侵入を防ぎたい場所にネットを張る方法です。
    鳥の種類、現場によってネットの種類を選択します。
  • スパイク
    着地場所に針状の器具を設置し、物理的に止まりづらくします。
    鳥の種類によって器具の種類を選択します。
  • 糞の清掃・消毒

防獣対策

  • 対象

    コウモリ、イタチ、アナグマなどを対象としています。

被害事例

住宅の天井裏や床下、壁内に侵入したり、営巣したりします。
糞尿やそれに伴う悪臭やシミ、羽音や足音による騒音などの被害があります。
ノミやダニを持ち込む場合もあり、感染症のリスクもあります。
近年、都市部でも被害が増加しています。

  • 天井裏のイタチの糞
    営巣場所にまとまって糞をします。
  • 天井裏のコウモリの糞
    営巣場所にまとまって糞をします。
  • 屋根のコウモリの糞
    侵入場所の出入り口付近に糞がまとまって落ちることがあります。

施工事例

捕獲器を用いた捕獲、侵入箇所の隙間封鎖、糞の清掃・消毒などを行っています。
施工場所や被害状況などに応じた対策をご提案致します。

  • 捕獲器を用いたイタチの捕獲
    天井裏や床下など侵入場所に捕獲器を設置します。
  • コウモリの侵入箇所の隙間封鎖
    侵入場所の隙間を封鎖し、侵入を防ぎます。
  • コウモリの侵入箇所の隙間封鎖及び侵入防止のネット施工
    侵入場所の隙間を封鎖し、侵入を防ぎます。