衛生管理・
害虫等防除サービス

ネズミ対策

すでにネズミが住み着いている所では、殺そ・捕そ施⼯を実施し、
完全に殺そ・捕そを⾏ってから防そ施⼯に移⾏します。
ネズミのいない状態を維持させるために保全施⼯を⾏っていきます。

主なネズミの種類

主な種類 生態・特徴 発生源 写真
クマネズミ ビルや住宅に多い。
運動能力が高く、パイプやケーブルを伝って垂直移動を行う。
雑食性だが、穀物やイモ類、種子など植物性の食物を好む。
天井裏、飲食店など
ドブネズミ 溝や下水など湿潤な環境を好む。
クマネズミと比べて、泳ぎが得意で平面的に移動することが多い。
雑食性だが、動物性の食物を好む。
下水や地下街など
ハツカネズミ シャッターの隙間などから屋内へ侵入する。
クマネズミやドブネズミと比べて小型。
種子など植物性の食物を好む。
草むらや畑など

ネズミ防除の必要性

  • ネズミは食中毒の原因菌やウイルス、ノミなどの吸血性の昆虫に由来する感染症を媒介することがあります。
    食品製造業などではエサを求めて厨房や食品庫などに侵入してくることがあり、保管している食品を齧るなどの被害があります。
    壁に穴を開けて屋内に侵入してきたり、配線を齧り火災の原因となったりします。

ネズミ防除施⼯の⼿順

  • 生息調査

    ネズミ防除施⼯を⾏うにあたり、あらかじめ⼗分な状況調査を⾏います。この⼯程は次の殺そ施⼯を短時間に終了させ、かつ防そ施⼯をより完全なものにする上で必要なものです。

    • 調査項目
      • ◯ネズミの出没場所
      • ◯ネズミの侵入口、侵入箇所
      • ◯ネズミの巣、生息箇所
      • ◯被害物と被害程度
      • ◯ネズミの食料源とその状況
      • ◯建物周辺とその状況
  • 防除対策

    調査結果をもとに、現場に応じてどこに問題があるのかを明確にし、ネズミによる被害、糞・⽑の製品への混⼊の防⽌のための対策を行います。

    侵入経路の遮断(施工前) 侵入経路の遮断(施工後)
    • 環境改善

      侵入経路の遮断や環境設備の改善を提案

    • モニタリング調査

      粘着捕そシート等を用いた捕獲や目視調査

    • 駆除対策

      粘着捕そシートや捕そ器の設置や殺そ剤の配置

  • 侵入経路の遮断(施工前) 侵入経路の遮断(施工後)
  • 保守管理

    定期的にネズミの⽣息状況をチェックし、常に侵⼊や発⽣を防⽌するための保守管理を⾏います。

    • 管理項目
      • ◯状況調査(糞・足跡の有無)
      • ◯捕そ資材等の点検(粘着捕そシート・捕そ器の点検)
      • ◯殺そ剤の点検
      • ◯環境点検整備
      • ◯目視・聴き取り調査